Zepp Shinjuku場所は歌舞伎町のどこ?キャパも比較!

お出かけ情報

Zepp Shinjuku(ゼップ新宿)が2023年4月にオープンすることが発表されました。

現存の東京のZeppでは、Zepp DiverCity・Zepp Hanedaに続き3館目となるZepp。

新宿歌舞伎町のどこにできるのでしょうか。
また、東京の他のZepp2館に比べてどんな広さなのかも比較してみました。

早速見ていきましょう♪

Zepp Shinjuku(新宿)は歌舞伎町のどこにできる?

Zepp Shinjuku(新宿)は、歌舞伎町に2023年4月に新たにオープンする東急歌舞伎町タワーの中に入ることになりました。

最寄り駅は西武新宿線「西武新宿駅」で、徒歩1分
JR各線・⼩⽥急線・京王線 「新宿駅」からは徒歩7分の距離になります!

住所:東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1

東急歌舞伎町タワーは「ホテル×エンタメ施設複合タワー」とも言われており、ホテルやエンタメ施設が複数入居する地上48階・地下5階、高さが約225mにもなる超高層複合施設です。

そのB1~B4の4フロアにわたりZepp Shinjuku(TOKYO)が入ることとなっています!

B1~B4の4フロアってなかなかの広さに見えますよね。キャパはどのくらいあるのでしょうか?調べてみました。

Zepp Shinjukuのキャパは何人収容?他との比較も!

Zepp 新宿(TOKYO)のキャパは約1500名です。

スタンディング時は1500名、着席時は500名の収容となります。

ここで東京にある他のZeppとキャパを比較してみました。

Zepp羽田 スタンディング時2,925人(シーティング1,207席)
Zepp DiverCity スタンディング時2,473人(シーティング1,102席)
Zepp Shinjuku スタンディング時1,500人(シーティング500席)

地下1階から地下4階の4フロアを使ったライブハウスなのでもう少し人が入ると思いましたが、他に比べると小規模なライブハウスなようです。

このZepp Shinjukuセールスポイントは、他に比べてコンパクトな会場であるがゆえの
アーティストとの距離が近いこと」そしてZeppとして初の試みとなる
360度LEDビジョンによる臨場感あふれる音楽体験」この2点だそうです!

最新技術を駆使したライブはいったいどんな感じなのでしょうか。
今からわくわくします^^

まとめ

Zepp Shinjuku(TOKYO)についてまとめました。

Zepp Shinjuku(新宿)は、歌舞伎町に2023年4月に新たにオープンする東急歌舞伎町タワー 内の地下1階から地下4階の4フロアにオープンすることが決まっています。

Zepp 新宿(TOKYO)のキャパはスタンディング時は1500名、着席時は500名の収容となります。

東京にある他のZeppに比べて小規模なライブハウスとなりますが、小さいがゆえのアーティストとの距離の近さや最新の映像技術に加えて新宿歌舞伎町のど真ん中という立地もあり、他ではできない音楽体験が期待できそうです♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました